ガジェットと岩とカバンと海外と

物欲まみれの浪費の日記

【2018年最新版】Samsung Galaxy Note 9(グローバル版) レビュー【間違えて買った】

これこそ本当の浪費!!

なんてことだ。

 

こんにちは、こんばんは、Suzukiです。

今回は本当の本当に「戒め」です。

 

以下メニュー

 

 

間違えて買った、というどうでもいい与太話

私は長らくiphoneを使っていました。といっても、新作を追い続けるわけでもなく、ずっとSEを使っていました。携帯なんぞ使えれば何でもいい、どうせメールくらいしかしないし、と。

なので今回、ちょっと大きい画面のスマホが欲しいな?と思いGalaxy Note 8に目を付けました。ペンが使え、ササっとメモを取れるその機能にほれ込んだからです。私は基本的には、一世代前のを買って満足するタイプなので今回も二万円ほど安いGalaxy Note 8を買おうと思いました。

そしてドイツの家電屋に行き、Note8を発見し、これください、と言いました。閉店間際だったので焦っていたのもあったのか、店員はあろうことかGalaxy Note 9を渡してきました。見てくださいこの箱。

f:id:yoerjp:20181110072738j:plain

おしゃれです。が、この箱をみて、これがNote8かNote9を瞬時に言い当てられる人いますか?いるでしょうね!しかし私は無理です!モデル名がでかでかと書いていないと無理です!

 

f:id:yoerjp:20181110072643j:plain

ちなみに、側面にはしっかり記載されています。しかし、これは光を当てているから見やすいだけで実際、そんなに見えません。

そしてそのままレジへ。ドイツの家電屋の店員は日本のヨド〇シカメラの店員のように元気でも、フレンドリーでも、知識があるわけでもないただのバイトです。ボソボソっと金額を言って、はい、払ってねと言われました。私もこれがNote8だと確信していたのでさっさと払ってしまいました。ということで、間違えて買っていたわけです。気が付いたのが今日(11月10日)です。あるサイトを見ていたらNote9のレビューがあり、Note8と比べてペンが黄色に変わっている、という記載をみてはて?と思ったわけです。

f:id:yoerjp:20181110073629j:plain

Note8も黄色だぞ?と。しかし当然ながら私が持っているのはNote9。黄色で当たり前なわけです。そこで気が付きました。あぁ、間違って買ってたんだな、と。言われてみれば、ペンにリモコン機能も付いてるし。当然、数週間使っているので返品なんぞできませんし、今更する気もありません。できることと言ったら戒め、レビューを書くことくらいです。

 

というわけで、以下本編です。

 

 

 

【本編】Galaxy Note9 レビュー

外観とスペック

スペックについてはほかのサイトなどに事細かに書いてあるので重要な情報だけ精選します。

画面サイズ:6.4インチ

厚さ8.8mm

重さ:201g

CPU:Snapdragon 845

メモリ:8GB

ディスプレイ:有機EL。そしてサムスンおなじみのInfinity Displayを採用しています。解像度は2960×1440です。

 

f:id:yoerjp:20181111061510j:plain

前面には物理ボタンはありません。物理ボタンは右側に電源ボタン、左側に音量調節ボタンとBixbyボタンです。このBixbyボタン、普段全然使わないのですがボタン自体の押し込みが浅く、よく誤作動を起こします。したがって、私はこのボタンをアプリでほかの機能に変更しています。

また、インカメと虹彩認証用のセンサーが上部についています。これらのロック解除機能は非常によくできており、もはやパスワードを打ち込む必要がなく、人前で使うときも画面をのぞき込まれて見られたりしないので安心です。

また、エッジがないのが誤作動を引き起こすかなと思いましたがホールド感がよく、あまり気になりません。

 

f:id:yoerjp:20181111061412j:plain

Note8では指紋センサーがカメラの横についていて不評だったのが、戻されたみたいです。私は手が大きく、指も長いのであまり気になりませんが、人によってはまだすこしセンサーが遠いかもしれません。

ちなみに、センサーの精度は非常に高いです。iphone SEでは指紋センサーがうまく機能せず、仕方なくパスワードを打ち込むことになることもしばしばでしたがそういったことはまだ起こっていません。

 

f:id:yoerjp:20181111061354j:plain

iphone SEと比較するとこのように、画面サイズが二倍以上違います。SEのように片手で軽々操作とはいきませんが、それでもまだ片手で操作する余地はあります。

 

Sペンの機能

Sペンの基本的な機能

SペンはNoteシリーズの最大の特徴です。このペンがあるからNoteシリーズを買ったといっても過言ではありません。

Sペンのいいところはスマホ内に格納されているという一点につきます。Apple pencilも一時期ほしかったのですが、別で持ち歩くのが面倒くさそうだと思い、購入には至りませんでした。しかしこのSペン、内部に格納できます。

f:id:yoerjp:20181111061404j:plain

このように、お尻のほうに格納できます。これが本当に便利で、いちいちペンを探さなくてもNote9を取り出して、さっとメモをかける。なにかいきなり予定を言われた際に今までは、ロック解除→googleカレンダーを開く→日付を指定→タイプという段取りを踏んでいましたが、今ではペンを取り出すだけで「画面オフメモ」というものが起動するので、そこに書くだけです。

ペンを抜くと

f:id:yoerjp:20181110080609j:plain

このような画面が起動して、

f:id:yoerjp:20181110080738p:plain

あとは書くだけです。そして、ペンを収納すれば自動的にメモは保存されます。

画面をアンロックした状態でSペンを抜くと

f:id:yoerjp:20181110082141j:plain

このようなメニューが開かれます。すべてのメニューを紹介していたらきりがないので、私が最も使う「キャプチャ手書き」と「スマート選択」を紹介します。

 

「キャプチャ手書き」とは読んで字のごとく、キャプチャした画面に手書きができます。これが非常に便利で、

f:id:yoerjp:20181110083135j:plain

このようにササっと地図に書いたりできます。

また、「スマート選択」では

f:id:yoerjp:20181110083254j:plain

このようなメニューが出ます。動画を画面に表示させていれば、GIFで数十秒、保存することができます。私がよく使うのは

f:id:yoerjp:20181110083258j:plain

長方形で切り取って

f:id:yoerjp:20181110083304j:plain

テキストを抽出するやり方です。これはWikipediaなので抽出する必要はないのですが、よく選択がうまくできないPDFファイルなどを翻訳したりコピーしたりする際にはこれを使います。非常に高精度です。

 

また、Note8や9は4096段階の筆圧レベルを持っているので

f:id:yoerjp:20181110081806j:plain

このように影の強弱が出せたり、または

f:id:yoerjp:20181110081851j:plain

空いた時間にパパっと絵を描くことだってできます。

 

そのSペンですが、Note8と比べると大幅に進化しているみたいです。進化した点は

①Bluetooth LEを搭載した

②色が付いた

の二点です。これだけか、と思いますがしかし①のBluetooth LEを搭載したということには大きな意味があります。なぜならば、ペンはもはやペンの枠から乗り出し、リモコンとして使えるからです。

例えば、大人数で集合写真を撮るときに通常であればタイマーを使っていたところ、これはペンをシャッターリモコンとして使うことができるのでタイマーを使う必要はありません。

また、Note9は「Dex」という機能をケーブル一本で使えるようになっているので、プレゼンテーションの際などにスライドをめくる際にこのリモコンを使うことができます。

このように、Bluetoothを搭載したことによってSペンの可能性が広がりました。

ペン自体の電池持ちは30分が限界といったところですが、格納して40秒ほどでまた30分使えるようになるので電池持ちは気にしなくていいレベルです。非常にいいです。

 

色については、それまで単色だったのがペン本体の色によって(私のは黄色です)代わるようになりました。以上。

カメラの性能

最近のスマホのカメラの進化には目を見張るものがあります。Note9のカメラの性能も例にもれず、もはや明るい風景なんかは一眼レベルの写真を撮ることもできるのではないかというレベルまで来ています。特徴は大まかに以下の点になると思います。

 

・広角レンズと望遠レンズ

・ボケ

・絞り値が変えられる

 

・プロモード

 

ひとつづつ作例を載せておきます。

 

・広角レンズと望遠レンズ

f:id:yoerjp:20181111060215j:plain

広角レンズ

 

f:id:yoerjp:20181111060221j:plain

望遠レンズ。

デジタルズームではないのでズームをしてもディテールが失われないのがいいですね。

 

・ボケ

f:id:yoerjp:20181110090025j:plain

まさに一眼で撮ったようなボケのある写真です。これが手軽にスマホでとれるのはいいと思います。

 

・絞り値が変えられる

これも物理的に変えています。初めて見たので驚きました。絞り値はF1.5とF2.4です。かなり明るいですね。

f:id:yoerjp:20181110090243j:plain

F1.5

 

f:id:yoerjp:20181110090233j:plain

F2.4

スマホのカメラが絞り羽を持つような時代になると思いませんでした。

 

・プロモード

このプロモードが一番面白いです。

f:id:yoerjp:20181110090504j:plain

例えばマニュアルフォーカスができます。緑になっている部分はフォーカスがあっている部分です。こんな機能、私のミラーレスにもついていないのに・・・。

 

f:id:yoerjp:20181110090455j:plain

f:id:yoerjp:20181110090449j:plain

さらにはISO感度を変えたり

 

f:id:yoerjp:20181110090916j:plain

f:id:yoerjp:20181110090459j:plain

シャッタースピードも変えられます。

 

ちなみに、iphone SEと比較すると

f:id:yoerjp:20181110091815j:plain

Note9

 

f:id:yoerjp:20181110091819j:plain

iphone SE

やはり暗いところはF1.4のレンズをもつNote9の圧勝ですね。しっかりと暗所でもディテールが出ています。

 

また、動画性能もよく強力な手振れ補正などの基本的な性能も高いですし、スーパースローモーションなどエンターテイメント性に富んだ機能も搭載しています。さすがフラグシップ機なだけあってしっかりしています。現在発売されているスマートフォンの中でもトップクラスの性能を誇っていると思います。

バッテリー持ち

次にバッテリー持ちについてお話します。バッテリーはNote9から4,000mAhという大容量になりました。実際に使ってみると、一日は余裕で持ちます。が、私の使い方は非常にライトなので、メールを見たり、ラインを送ったり、たまにSNSをしたりというような使い方しかしていません。おそらく、ゲームや動画をずっと見ていたら一日持たせるのは厳しいと思います。バッテリー持ちは個人差があるので何とも言えませんが、この大画面でこの電池持ちは非常に頑張っているほうだと思います。

スピーカーの音

本来、私はスマホのスピーカーなんぞ使いません。十代のころから音にはこだわりを持って生きてきましたし、オーディオ機器はたくさんいいものを集めてきましたし、家の中で使うときもBluetoothスピーカーを持ち歩いていました。しかし、このNote9のスピーカーはなかなか侮れません。

実は、Note9は内部にステレオスピーカーを持っており、音量、音質ともにスマホのスピーカーの中ではいいほうだと思いますし、Note9になってから内蔵スピーカーを使うようになりました。別にスピーカーをもって家をうろうろしなくていいのは非常に助かります。

Pros&Cons

事細かにレビューをしていたらきりがないのでこのあたりでいい点と悪い点をまとめて終わろうと思います。これから使い続けるうちに便利な機能やいまいちな部分を見つけていくと思いますので随時、更新していけたらなと思います。

 

Pros

・画面がものすごく綺麗

・全体的なスペックが高い

・顔認証、虹彩認証、指紋認証が正確でストレスフリー

・カメラの性能が非常に高い

・Sペンが非常に便利

・スピーカーの進化がすさまじい

・イヤホンジャックが付いている

 

Cons

・値段が高い

・大きい、重い。片手で操作するのは人によっては不可能

・ヘビーユーザーにとっては電池持ちはおそらく短い

・現時点(2018年11月)でケースの選択肢が少ない

 

このあたりだと思います。正直、欠点はそんなにないです。値段が高いだけあって、非常に満足できるスマートフォンです。

 

余談:ケースについて

個人的には、Note9にケースは絶対必要だと思います。本体の素材と仕上げのせいか、すごく滑りやすいです。よく本の上や机の上に置いておくと滑って落ちることが多々ありました。なので、本体の保護と滑り止めのためにケースをつけることをお勧めします。

また、欠点にも上げましたが、現時点でNote9用のケースはあまりありません。家電量販店でもNote8と同じコーナーに入れられていました。しかしNote8のケースは指紋認証センサーの位置の違いなどから使用できませんので注意してください。

 

私が使用しているケースはサムスン純正の頑丈なケースを使っています。サムスン・ジャパンのホームページにはないのでもしかしたら日本では売っていないのがもしれませんが、非常に使いやすいです。

 

f:id:yoerjp:20181111065646j:plain

見た目は某高級アルミスーツケースみたいなデザインでかっこいいと思います。素材はアルミではないですが。

 

f:id:yoerjp:20181111065633j:plain

そして、これはスタンドとしても使えます。料理をしながらレシピを見たり、動画を見る際に重宝します。

そのほかにもLEDカバー、Clear Viewカバー、レザーカバーなど純正のカバーの出来はいいと思います。が、少し高いです。

現時点ではSpingenから多くの種類がリーズナブルな価格で出ているので探してみてください。

 

長くなりましたが、このあたりで終わっておこうと思います。

グローバル版アマゾンに売っているみたいですね

ではでは