ガジェットと岩とカバンと海外と

物欲まみれの浪費の日記

【Hunter Chelsea boots】雨の日に最適!Hunterチェルシーブーツのレビュー【おしゃれ長靴】

こんにちは、こんばんは

Suzukiです。

 

また浪費しました。しかも靴です。

ブログには書いていませんが、靴だけで10足以上持っています。日本に置いてきた靴たちを合わせると20足はあります。

それでも靴集めが止まらないんですよね。

私は残念ながら、足が二本しか生えていない一般的なホモサピエンスなので理論的には各季節ごとに1足あれば事足ります。それを頭ではわかっているので新しい靴を買うときは、多少の罪悪感があります。火星人のように足が8本あればもっと気楽に買えるのですが。

 

さて、懺悔がてら戒めましょう。

 

以下メニュー

 

Hunterとは

Hunterというブランドはイギリスのラバーブーツブランドで、英国王室御用達(ロイヤルワラント)を獲得しています。

ラバーブーツとは簡単に言ってしまえば長靴です。しかし、そこらのホームセンターに売っている長靴とは違い、シルエットがきれいでデザインがしっかりしています。そして、英国王室のみならず、海外のセレブ達が雨の日にこぞってはいていることから有名になりました。私は海外のセレブに一ミリもの興味がないので誰かは知りませんが・・・。

特徴は、天然のゴムを使用していることによる防水性と高耐久性です。もともと、農業従事者や軍隊などの過酷な現場での使用を想定して設計されていたので、そのあたりはしっかりとしています。

有名なモデルは「オリジナルトールブーツ」「オリジナルショートブーツ」「チェルシーブーツ」あたりになると思います。

「オリジナルトールブーツ」と「オリジナルショートブーツ」はあまりにも長靴感があるので買うのをためらっていましたが、ドイツのZOZOTOWNであるZalandoでチェルシーブーツが半額セールをしており、色も好みだったので買ってしまいました。

 

チェルシーブーツの紹介

f:id:yoerjp:20181113091208j:plain

これが今回買ったチェルシーブーツです。色はモスグリーンです(お使いのモニターによって色見が著しく変わることがありますが、私のモニターでは極めて現物の色になっています)

クラシックでシュッとした、スーツに合うようなチェルシーブーツというよりは、やはりソールが厚めで、横から見たときに上部からつま先までの曲線のラインが緩やかな、ブランドストーンのサイドゴアブーツのような形をしています。

こっちの形のほうが、「これぞ雨の日などのバッドコンディションで活躍するブーツだ!」という感じがして胸が熱くなりますね。天気がいい日ですら全く外に出ないのに、ましてやそんな日に外に出ることは極めて稀ですけどね。

また、ゴム素材であることによる独特の質感が好印象です。革製のブーツにはない特徴的なオーラがあります。眺めているだけで満足です。また、「オリジナルトールブーツ」は晴れの日に履いていたらおかしいですが、これなら多少のレインブーツ感はありますが、問題なく履けそうです。

 

f:id:yoerjp:20181113091800j:plain

サイドは、伸縮性の生地です。一つ驚いたのが、サイドゴアの部分がゴムでしっかりとカバーされているところです。真ん中に切れ目が入っているのでしっかりと足にフィットします。

ブランドストーンも多少の雨ならいけますが、やはりサイドゴアの部分がただの布なのでアスファルトにあたった雨粒が跳ね上がってきて付着し、しみ込んできます。しかし、これなら染み込むこともなく快適に歩けそうです。

 

f:id:yoerjp:20181113092304j:plain

箱がシャレオツ(死語)

 

履き心地とサイズ選びのアドバイス

私が購入する前に調べていたら、履き心地が悪い、くるぶしが痛い、履き口が狭くて履きづらいなどのネガティブなレビューが多くあり、心配になっていました。

しかし、ブーツが到着して履いてみると、確かに履き口は多少狭いですが、そこまで障害になるわけでもなかったです。一度足を入れるとしっかりフィットするので履き心地はむしろいいほうなのではないかと思います。しかし、長距離を歩くと確かにサイドの部分にあるラバーにくるぶしが当たって、擦れてしまうかもしれません。今のところ、普段使いにおいてはそのような事態に遭遇はしませんでしたが、後々足が痛くなることもあるかもしれません。

 

追記(2019年6月)-------------------

この記事にたくさんアクセスがあるようなので、追記しておきます。その後も結構履いて外を歩いていますが、今のところ足が痛くなったのは3日連続で歩き回った時くらいです。

3日連続で歩きまわったらどの靴でも足痛くなる気もしますけどね

つまり、フィット感に関しては個人差があるにしても大丈夫だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私の足の形は幅が細めで甲は少し高いのでフィットしたのかもしれません。やはり、靴は合わないと苦痛になるので事前に試し履きをすることをおすすめします。ドイツは返品がものすごく容易なので、買って合わなかったら返品しようと思っていました。

 

サイズ選びのアドバイスですが、おそらく普段はいている革製のブーツよりは一サイズ大きめのサイズを選んだほうがいいと思います。私も、普段はEU41のサイズを履いているのですが、HunterはEU42を選択しました。

一つ大きめのサイズをおすすめするのは、このブーツの素材がゴムだからです。ゴムは伸縮するものであると思われますが、このブーツはおそらく革製のブーツのように伸びたりしませんし、履いていくうちにフィットするように形が変わるなんてこともないと思います。

余談ですがEU41は換算すると26cmらしいですが、日本で靴を買うときは26.5です。26cmの靴はきついです。持っている靴でもEU41でもぶかぶかだったり少しきつかったり、私が登山用品店で働いて得た靴の知識から考えると、メーカーによって靴のサイズは様々なので表記はあまりあてにしないほうがいいと思います。とくに登山靴なんかは命に直結しますからね。サイズ選びは慎重です。

普段の靴は登山靴みたいに命に直結はしませんが、靴擦れしたり足の甲が痛くなったりしたら嫌ですよね。なのでしっかり購入前に履くことをお勧めします。

 

追記②キャンプにもいいのでは?-------

私、最近キャンプに行きたい欲がふつふつと湧いているのですが、その時もこのブーツはいいのではないかと思っています。

なぜかというと

①防水

②汚れに強い

③すぐに洗える

④着脱しやすい 

 からですね。

 

キャンプするときは結構サイトのコンディションによって靴が汚れます。前日に雨が降ってた時なんて地面がべちょべちょの場合もあります。特に日本は雨が多いので、そういう状況に出会うことも多いかと思います。

そのようなときにHunterは役に立つと思います。

また、着脱しやすいチェルシーブーツなら、テントに入るときに紐靴だと非常にめんどくさい靴の脱ぎ履きも楽に行えます。

 

はやくこれを履いてキャンプに行きたい。

 

 

www.suzuki3.net

 

 

www.suzuki3.net

 

ではでは