ガジェットと岩とカバンと海外と

物欲まみれの浪費の日記

【ルビーチョコレート】キットカット ルビー【いちごではない】

こんばんは。スズキです。

 

私、実は甘いものが大好きで毎日チョコレートを食べています。ですが、あまり味にこだわりがなく、安い酒でとりあえず酔えればいいというアルコール中毒の方々同様、安いチョコレートで甘さを感じれれば十分という類の人間です。

 

したがって、いつもはチョコレートコーナーで一番安いチョコレートを買っているのですが、今回はすこし奮発してルビーチョコレートを使ったキットカットを買ってみました。

 

それがこちら

f:id:yoerjp:20190127030149j:plain

 

隣においてあった普通のキットカットは量が二倍入っていて半額でした。うーむ、何たる浪費。

 

以下メニュー

 

ルビーチョコレートとは

私のようなあまり関心がない人は、ルビーチョコレートが何か知らないと思います。ルビーチョコレートはダーク、ミルク、ホワイトに続いて出てきた第四のチョコレートらしいです。

世界中には様々な味のチョコレートがありますが、今までベースとなっていたのはダーク、ミルク、ホワイトのみであり、そこに新たにルビーチョコレートが加わったということです。

まさか種類豊富なチョコレートがすべてこの三つからなっていたことすら知りませんでした。

 

ネスレの公式ホームページの説明によると

ルビーチョコレートは、南米などで栽培されているカカオのうち、「ルビーカカオ」と呼ばれる、厳選されたカカオ豆を原料として作られています。
スイスにあるチョコレート会社バリーカレボー(Barry Callebaut)が約10年にわたる研究開発を経て、ルビーカカオの持つ綺麗な発色を最大限に引き出す特殊製法を開発し、
この新しいチョコレートが生まれました。

引用:ネスレ公式ホームページ(https://nestle.jp/brand/kit/chocolatory/ruby/

 

つまり、色はピンク色なのですがイチゴ味のチョコレートなどとは違い、着色料などでピンク色にしているわけではなく、ルビーカカオ豆から作られている天然の色ということですね。

 

ルビーチョコレートキットカット

そうして、ルビーチョコレートがスイスで誕生したわけですが、世界で初めてルビーチョコレートを使った製品を販売したのがキットカットです。

販売が開始されたのが2018年1月18日なので、ちょうど一年前ですね。

 

日本ではサブリムルビーという名前で販売されています。箱に入って一本400円。中身の味が違うのかは知る由もありませんが、見た目は全く一緒でした。

 

日本の

f:id:yoerjp:20190127030740p:plain

(引用:ネスレ公式ホームページ(https://nestle.jp/brand/kit/chocolatory/ruby/))

 

アマゾンでもこのお値段

 

ドイツの

f:id:yoerjp:20190127030149j:plain

f:id:yoerjp:20190127030905j:plain

f:id:yoerjp:20190127030940j:plain

 

また、現在大変人気で一日に販売する数を制限しているのだとか。ドイツでは普通のスーパーの目立たないとこにちょっとだけ置いてありました。

 

値段は、四本入りの4本入りの小袋が三つ入って3ユーロ=400円くらいです。中身の味が一緒なら日本では大変ぼったくっていることになりますね。いや、まあ確かに箱とかお金かかりますし、高級感が違いますけど所詮は食べ物ですし。

 

f:id:yoerjp:20190127031139j:plain

 

こんなのもありました。#mybreak。インスタとかに使うんですかね。あとでインスタに載せてみよう。

 

味は?

さて、肝心な味です。私はいい舌を持っていないので素人の感想です。

 

第一印象としてはベリー系のチョコレートの味がしました(素人)。

 

ですが、そこまで甘すぎるわけでもなく、程よい酸味という感じで結構好きです。普通のキットカットとか、イチゴ味はちょっと甘すぎると感じることがあり、抹茶以外あまり食べないのですが、このキットカットなら毎日12本食べたいです。抹茶キットカットは毎日30本食べたいです。

 

ただ、中のウエハースは普通のキットカットとおそらく同じで、ミルクチョコレートが使用されています。なので、普通のキットカットで少し甘いなと感じる部分をウエハースから感じました。

f:id:yoerjp:20190127032129j:plain

抹茶キットカットは中も抹茶チョコレートにしていますよね。どうせなら同じように徹底してほしかったと思います。食べてて、ミルクチョコレートの味がしましたし。

 

なんて偉そうに言いましたが、素人に言えることは

 

おいしい

 

ということだけです。

 

これからもたまに買いたいと思います。

 

日本では高級路線で販売するらしいですが、海外ではそんなことないので海外に住んでいるみなさん、今がこの新しいチョコレートを試すチャンスですよ。

 

ではでは