ガジェットと岩とカバンと海外と

物欲まみれの浪費の日記

【最強の旅行用靴】KEEN Grayson slip on レビュー【トレッキングも?】

こんにちは、スズキです。

 

KEENのGraysonという靴が安くなっていたので買ってきました。旅行用の靴が欲しかったこともあって、いい買い物ができたと思います。

 

それにしてもこの靴、履き心地がフワッフワです。

 

f:id:yoerjp:20190213060846j:plain

 

以下メニュー

 

KEENについて

私、ボルダリングをやるので、しばらく登山用品店でアルバイトとして働いていたことがあります。

そのため、トレッキングシューズやキャンプ用の靴に関してはまあまあの知識があります。

 

その中でも、お気に入りのメーカーがLowaとSirio、そしてKEENです。特に、SirioとKEENは甲高幅広の足にお勧めできるトレッキングシューズだと思います。

 

KEENといえばUNEEKという紐でできたサンダルが特に有名ですね。

 

f:id:yoerjp:20190213061442j:plain

 

今年の夏はこれで過ごしていました。

 

UNEEKやNewport H2などは世界一周のブログや旅行サイトなどによく載せられているイメージです。

 

ですが、履いている感覚としては、UNEEKは石畳を歩くときに心もとないかな、と思っています。

 

夏は暑いですが、春や秋などの一番いい時期の旅行は、このGraysonやAustinなどのほうが歩きやすいと思います。

 

Graysonレビュー

Graysonについてみていきましょう。

 

Graysonは、今回買ったSlip onタイプと紐靴タイプがあります。

 

正直、安くなっていたからSlip onタイプを買ったのですが、私はもともとサイドゴアブーツのファンでよく履いているのでこれでよかったかなと思います。

 

たしかに紐のほうがフィット感はいいですが、街歩きや旅行などではあまり関係ありません。

 

外見

見た目はこんな感じ。

 

アウトソールがアッパーまで侵食しているKEENのデザインです。

KEENの靴は、独特のデザインをしているので人によって好き嫌いが分かれると思います。

 

f:id:yoerjp:20190213060846j:plain

 

 

横にゴア。

右のほうに、裁縫のほつれが見られます。それが安くなっていた理由だと思いますが、最悪自分で治せるので良し。

 

f:id:yoerjp:20190213063513j:plain

 

f:id:yoerjp:20190213063557j:plain


スペック・機能性

さて、この靴のスペックとも呼ぶべき機能性について書いていきます。

 

アッパー

f:id:yoerjp:20190213063507j:plain

 

まず、アッパーに使われている素材はレザーです。

通販サイトにヌバックフルグレインレザーと書いているのですが、これはどういうことでしょうか・・・?

フルグレインレザーをバフィングしたものがヌバックなので、まあヌバックでしょう。

 

ヌバックレザーはフルグレインレザーの表面をバフィング(研磨)して、起毛させたものです。

よく登山靴などに使われています。

 

ソール

f:id:yoerjp:20190213065317j:plain

 

ソールは二種類の素材が使われています。

 

まず、ミッドソールはPUで、接着剤不使用のダイレクトアタッチ製法でつけられています。これは、ソールとアッパーを溶かしてつける製法で、接着剤よりも固くつきます。

なので、ミリタリーブーツやワークブーツなどにも採用されている印象です。

 

そして、アウトソールにはLuft Cell アウトソールを採用しています。Luftはドイツ語で「空気」、Cellは英語で「細胞」。空気を注入してふわふわ感を出したソールということになります。

 

これが素晴らしい。

 

 いや、ほんとに。

 

f:id:yoerjp:20190213070102j:plain

 

 履き心地

肝心の履き心地はというと、

 

非常によろしい。

 

今持っている靴の中で一番です。

 

ただし、ソールが柔らかいので旅行には最適ですが、軽登山でぎりぎり、という感じです。

スニーカーで山登るのと同じだと思ったほうがいいです。(それよりは少しマシ)

f:id:yoerjp:20190213070512j:plain

 

ヨーロッパの道に最適

ヨーロッパの道は日本の道のようにコンクリートで舗装されているわけではなく、石畳がほとんどです。

ごつごつしている石畳は初めての人には割と歩きにくく、ソールが薄いと凹凸が直に伝わるので疲れやすいかと思います。

 

なので、ヨーロッパ旅行の際などにはソールの厚い靴のほうがいいと思っています。

 

この靴のソールは見てわかる通り厚いので、こんな石畳も

 

f:id:yoerjp:20190213070823j:plain

 

こんな石畳も

 

f:id:yoerjp:20190213070755j:plain

 

こんなところも

 

f:id:yoerjp:20190213070753j:plain

 

ばっちりです。

 

ほかの靴との比較

この靴は特徴的な点があるので、ほかの靴と比較してみたいと思います。

 

つま先の反り上がり

まず、KEENの靴全般に言えると思いますが、つま先が大きく反り上がっています。

 

まずはGrayson

f:id:yoerjp:20190213071253j:plain

 

UNEEKも反り上がっていますが、Graysonのほうが上。また、UNEEKのソールは非常に柔らかいので、あんまり関係ありません。

f:id:yoerjp:20190213071146j:plain

 

Blundstone 530?

f:id:yoerjp:20190213071141j:plain

 

Blundstoneのショート

f:id:yoerjp:20190213071136j:plain

 

当ブログでも紹介したHunter Chelsea Boots

 

www.suzuki3.net

 

f:id:yoerjp:20190213071142j:plain

 

見てわかる通り、Graysonは反り上がりの角度がほかの靴よりも大きいです。

 

このおかげで、一歩一歩が非常に楽です。

 

横幅

 横幅も特徴的で、かなり広めに作られています。

 

ちょっと写真の角度が悪くてあまりわかりませんが、Blundstoneのショートと比べると結構広めです。

f:id:yoerjp:20190213071807j:plain

 

上に載せた履いている写真も併せて見てみてください。

 

ソールが厚い

f:id:yoerjp:20190213072015j:plain

 

ソールの厚さは一目瞭然ですが、当然厚いほうが歩きやすいです。

 

BlundstoneのショートのソールはClarksのクレープソールのような材質でそれなりにクッション性もありますが、イタリア旅行に行った際に履いた時には一日の終わりに足が痛くなっていました。

 

 まとめ

 先ほど比較した三点のおかげで、非常に履きやすく、歩きやすい靴になっています。

 

つま先の反り上がりが大きく、ソールが分厚いので自然に一歩一歩を踏み出すことができます。

 

そして、幅広に作られているので甲高幅広の足の人にもピッタリ。

 

また、スリッポンなので脱ぎ履きも楽で、飛行機の中などですぐに脱げ、すぐに履けます。

 

そういった点から、旅行に最適で一日中歩いても快適に一日を過ごせると思います。

 

また、お勧めしませんが私はこれでトレッキングもいける気がしています。

 

お勧めはしません。トレッキング初心者ならば、素直にミッドカットのトレッキングシューズを買いましょう。

 

私も次はKEENのトレッキングシューズを買おうかと思っています。

 

 

ではでは。