ガジェットと岩とカバンと海外と

物欲まみれの浪費の日記

【クライミングシューズ】2019年新作Pythonと履き比べてCobra Ecoを買った【La Sportiva】

こんにちは、スズキです。

 

私は、趣味でクライミングをやっています。

実力は、ジムが初段、外が初/二段くらいです。

 

一年ほど、TenayaのMundakaを履いていたのですが、Tenayaにありがちなヒールがべろーんとめくれるという問題が発生したので、新しくクライミングシューズを買いました。

 

今回は、2019年に発売されたPythonを買おうと思い登山用品店に行ったのですが結局履き比べて、Cobraを買いました。

 

しかも、Cobra Eco。

 

f:id:yoerjp:20190305100113j:plain

 

エコを気にしない男の、Cobra Eco。

 

以下メニュー

 

 2019年新作Python

 2019年は新作クライミングシューズが豊富で、アディダスと手を組んだ5.10からドラゴンの新作が出るわ、スポルティバのテスタロッサにようやくテコ入れが入ったりなど、目玉商品がたくさん。

 

Pythonもそのうちのひとつでした。

 

Pythonといえば、強い人がこぞって履いているイメージで、一時期日本のジムでPythonを見かけない日はないどころか、むしろ回りがPythonだらけの時期もありました。

その時は、まだ初心者だったので色が似たジャッカルを履いていたのですが、いつかはPythonと思いトレーニングをしていたところ、気が付けばPythonを買わずに初段まで来てしまいました。

 

2019年の新作版の違いは、

 

・新しい色→オレンジとアップルグリーン

・トゥーラバー→薄くなり、デザインが変更された

・上部のシェイプとサイズ感→より快適に

・新しいレザー→足に色がつかなくなった

 

ソース

www.youtube.com

 

ということで、新作が出るならそろそろ買うか、と思い試し履きをしたのですが、なんか思ってたのと違う。

 

Pythonはめちゃくちゃ伸びるから、かなり小さめのサイズを履きます。しかし、私はこれまでTenayaのOasi,Mundaka,そしてSportivaのSkwamaと来ていたので、小さめを履くことがありませんでした。

 

なので、攻めて履くとめちゃくちゃ違和感がある。

 

私が試し履きしたところには、試し履き用のウォール(しかもそれなりにでかい)があって自由に登れるのですが、明らかに力をロスしてる気がする。

 

自分のスタイルと合っていないような気がしてならない。

 

Cobraとの出会い

悪くはないけど、おもったより違和感があったので

「ちょっと考えます」

といって、チョークでも買って店を出ようとしたとき、店員のおじさんが

「合わなかった?」

と話しかけてきて、

「まあ、良かったんだけど、ちょっと考えようかなと思って」

と答えたら、

「Cobra Ecoあるけど」

と言ってきました。

 

私は、以前コブラを試し履きしていたことがあったので、眼中に入っていなかったのですがなぜかそのおじさんがやたらCobra Ecoいいよ、と言ってくるので、試すだけ試してみようと決心。

 

そして、履こうとしていると横でSpeedstaを試していた明らかに強そうなお兄さんが

 

「そのCobra俺も履いてるけど、前のCobraよりもスティッキーでいい感じだよ」

 

と言ってきました。

ほんとかよと思いながら足を入れてみると

 

「あれ、これすごいフィットする」

 

壁を登ってみると

 

「あれ、なんか力が入る」

 

しかもヒールがジャストフィット。

そこですかさず店員のおじさんが、

 

「その靴、今セールしてるんだ。しかも、今日買うならさらに20%オフ。どう?いいでしょ?」

 

つまり、€60(7800円くらい)で買えると。

 

「買います」

 

そうして買ったのであった。

ありがとうおじさん。

 

Cobra Ecoの仕様

この靴は、それまでのSportivaの靴とは少し違いエコ意識があります。

f:id:yoerjp:20190305105233j:plain

ここにEco

アッパーのレザーは植物タンニン鞣しの革

 

f:id:yoerjp:20190305104038j:plain

ここもEco

ソールはFrixion Eco

 

 

なんというエコ尽くし。

 

そして、何より色がいい。

f:id:yoerjp:20190305105331j:plain

 

落ち着いたグレーの中にアクセントとしてのライムグリーン。

 

配色のバランスが好きです。

 

ファーストインプレッション

買ったその日のうちに登りに行きました。

 

ファーストインプレッションとしては、

・ヒールがかかりやすい

・エッジングがしやすい

・外岩でも使えそう

・ソールはそんなに良くない

です。

 

ヒールがかかりやすい

正直、このためだけにこの靴を買ったといっても過言ではない。

 

ヒール最高。

 

Tenayaは楽なのにめちゃくちゃ高性能で気に入っていたのですが、一点大きな欠点がありました。

 

それが、ヒールがぶかぶか。

 

誰のヒールがこんなに突き出ているんだと思わせるあのTenaya独特のヒールカップ。

ぶかぶかのせいで、細かいフットホールドにヒールが効きませんでした。特に、グレードが上がると外岩では致命的でした。

 

なので、Cobraのヒールは期待大です。

 

エッジングがしやすい

f:id:yoerjp:20190305105150j:plain

若干のターンインと剛性があるので、私のような足の力弱い人間でも細かいところによく乗れる。

 

以上

 

外岩でも使えそう

私は、外岩で柔らかいシューズを履くと実力が3級分落ちる人間です。

 

足の力が足りないんでしょうね。

なので、外岩ではもっぱらKatana Laceを使用していました。そのKatanaと同じくらいの剛性があるので、外岩でばっちり使えそう。

 

ソールはそんなに良くない

SportivaのクライミングシューズのほとんどはVibramのXS GripなりEdgeなりを使用しているのですが、これはFrixion。

Frixionといえば、エントリーモデルであるタランチュラに採用されいるイメージだったので、横のお兄さんが言ってきた

「そのCobra、マジスティッキーだぜ」発言に疑問を抱いていました。

ほんとにスティッキーなのかと。

 

正直に言うと、そこまでスティッキーではない。

 

雑に足を置くと、すっぽ抜けたりして怖い。

 

ただし、今まで高性能な靴に頼ってきたので、こういうのもありなのかなと思います。

 

足が滑ったら上半身で耐える。

 

以上。

 

サイズ選び

一般的に、スリッパタイプはサイズ選びが難しいですよね。

そこで、参考までに歴代、自分の買ったサイズを載せておきます。

ちなみに、私は楽に履くのが好きなタイプです。楽で痛みがないほうが100%力を出せる気がします。

 

歴代シューズ達

La Sportiva Jackyl VSーEU42

La Sportiva SkwamaーEU39

Tenaya OasiーEU41

Tenaya MundakaーEU41.5

La Sportiva Katana LaceーEU40.5

La Sportiva Cobra EcoーEU40←New

 

まさかのSkwamaよりも大きいサイズ

 

伸びたら伸びたで、ジム用の楽履きにします。

 

まとめ

これからもっと伸びると思うので、よくフィットしてくれると思います。

そして、ジムでも外でもルートでも、オールマイティに使える靴になると思います。

 

しかし

 

正直、Skwamaが歴代最強です。

 

みなさん、迷ったらSkwamaに清き一票を。

 

Skwama最強。

 

以上です。

 

新しいコブラの情報が出ました!

www.suzuki3.net

 

Cobra Ecoのその後の感想。そして、Futura買いました。

www.suzuki3.net