ガジェットと岩とカバンと海外と

物欲まみれの浪費の日記

【気になる新製品】Insta360 Evo【360°カメラ】

こんにちは、スズキです。

 

私は物欲の権化なので常に新製品をチェックしています。

そのセンサーにまた引っかかった製品があります。

それが

 

Insta360 Evo

 

です。

このカメラは、360°カメラでありながら展開したらVRの映像も撮れるという優れものです。

 

ちなみに、私はすでに360°カメラを持っており、大変楽しんでおります。

 

www.suzuki3.net

 

しかし、このInsta360 Evoは画質も違えば機能も違う。手振れ補正も違う。

 

欲しい・・・

 

この記事で魅力を紹介して、読んだ人にも物欲を植え付けたいと思います。

 

以下メニュー

 

Insta360とは

Insta360は、中国深センに本拠地をおく会社で、これまで多くの360°カメラを世に出してきました。

その中で特に好評だったのがInsta 360 One Xです。これは、5.7kという画質の良さと、Flowstateという信じられない電子手振れ補正を搭載しており、話題となりました。

また、プロ用のInsta360 Proも発売しており、現在の360°カメラの市場を引っ張っている企業の代表的な存在です。

 

そんなInsta360が新たに発表したカメラがInsta360 Evoです。

 

これは期待大ですね。 

 

Insta360 Evoとは

私が書くよりもこの動画を見てもらった方が早いと思います。

 

では、機能をひとつづつ見ていきましょう。

 

①360°カメラ

f:id:yoerjp:20190315062852p:plain

画像引用:Insta360HP(https://store.insta360.com/product/evo

 

まず、閉じた状態だと360°カメラとして機能します。両側に180°カメラが付いており、それをスティッチする方法ですね。

したがって、つなぎ目は残念ながら見えてしまいます。これは仕方ないことですね。

画質は5.7Kで、おそらく画像のクオリティとしてはInsta360 One Xと同じくらいいいと思われます。

 

②180°3Dカメラ

f:id:yoerjp:20190315063003p:plain

画像引用:Insta360HP(https://store.insta360.com/product/evo)

次に、開くと180°の3D映像/画像を撮影することができます。

これをHMDで見ると、立体的に見ることができるということです。

 

これは別に目新しいものではなく、Vuzeなどがすでに発売していました。

blog.vuze.camera

 

しかし、Insta360のほうがよく考えられているし、電子手振れ補正も優秀。

 

③撮った画像をすぐに見れる

よく考えられているなあと感じるのがこの点です。

動画を見てもらえばわかりますが、Insta360が合わせて発売した、小さい3DGlassとHoloFrameという商品があります。

この3DグラスやHoloFrameはスマホに直接つけて、撮った画像をすぐに3Dで見ることができるというものです。

従来のものだと、撮ってから処理をして、パソコンに入れて、HMDで映し出すという過程がちょっとめんどくさくもありました。

しかし、このグラスやHoloFrameがあればスマホのみで、すぐに見ることができます。

 

素晴らしい。

 

残念ながら、iPhone用しか販売してないんですけどね。

 

④FlowState電子スタビライザー

Insta360の素晴らしさは何と言ってもこれです。

謎技術による素晴らしい手振れ補正

ジンバルいらないかもしれない。

 

この素晴らしい手振れ補正は、360°取れるこのカメラじゃないと実現できないと思います。

 

⑤Gear VR対応

私はNote9でGear VRを使っているので、対応してくれたのもうれしい点です。

そのほかにもHTC ViveやOculus Goなどにも対応しています。

 

このカメラの魅力

そもそもカメラの魅力ってなんだと思いますか?

私にとってカメラの魅力は、思い出をより鮮明に記録できるということだと思っています。

 

私は、20歳になるくらいまで全く写真に興味がなく、何で取らなければいけないのかという疑問を持ち、むしろ嫌いでした。

そのせいか、私は20歳以前の記憶が曖昧です。よく海外にも行ったのですが、今となってはあまり覚えていません。

小学生の頃の記憶なんて全くありません。何組だったかとかすら全く覚えていない。

 

なぜなら、それらを思い出すための道具がないからです。

 

海外旅行に行った際に家族がとってくれた写真が唯一の手掛かりで、その周辺の記憶は思い出せます。

父親にいたずらされてグランドキャニオンやフィヨルドの雄大な崖から突き落とされそうになったことなど。

 

そういったことを思い出せるもの、しっかりと写真として残っているからだと思います。

 

私は、Gear360とGearVRを購入した時にも思いましたが、360°カメラはより強く思い出を記録できると思います。

 

そして、Insta360 Evoは、写真という枠を超えて、立体映像としてより強く、思い出を記憶できる装置だと思います。

 

私はTabula rasaを信じる経験主義者ですが、過去に経た経験を仮想的に反芻することも、重要な経験なんじゃないかと思っています。

 

そういった私の信念からも、このカメラは魅力的です。

という買う言い訳。

 

あとは、単純に雄大な自然をよりきれいに、よりリアルに記録できるのがいいですね。

自然を前にし、われわれは五感でその自然を感じます。したがって、記録された映像は四角しか満足させることができませんが、せめて視覚だけでも家で反芻することができるなんて素敵じゃないですか?

 

懸念

一方で、懸念される点もあります。

 

①むき出しレンズ

これは360°カメラの宿命といっても過言ではないですが、レンズがむき出しです。

つまり、落としたりしたら即アウト。

レンズに傷が入ります。

 

そのため、扱いには注意が必要になります。

つまり、スポーツなどで非常に使いづらい。

 

これ何とかなりませんかね・・・。

 

②Micro USB

なぜUSB TypeCが主流となりつつある時代にMicro USB(Type B)をわざわざ採用してしまったのか。

 

③手持ちがしにくそう(嵩張る)

この形状を見てもらったらわかる通り、手持ちは相当しにくそうです。

というか、たぶん自分の手が大きく映り込んでしまうから無理です。

 

そのため自動り棒を用意しなければいけなくなると思いますが、そのせいで嵩張ってしまうのではないかという懸念があります。

 

④360°で撮った時に、片側の空間が歪む

このカメラは180°モードにしたときに、ちょうどレンズが両目の位置に行くようになっています。

そのため、レンズが四角いボディの両端に寄っています。

つまり、折りたたんで360°モードにしたとき、片側は狭く、もう反対側は広い空間ができます。

f:id:yoerjp:20190315062852p:plain

画像引用:Insta360HP(https://store.insta360.com/product/evo)

そのため、片方のスティッチがうまくいかないという問題があるみたいです。

 

広い目で見ればあんまり変わりませんが。

 

近くに寄ったらまるで一つ目小僧。

 

⑤交換式バッテリーではない! 

Osmo Pocketといい・・・。

 

基本的にバッテリーは交換ができたほうがいいと思っています。

 

バッテリーの寿命がカメラの寿命に直結しないし、バッテリーが切れたらその都度充電しなくていいし。

 

Insta360 One Xは交換式なのに、なんで交換式にしなかったのか理解に苦しみます。

しかも、Insta360 One Xと同じ容量のバッテリーらしく、連続撮影時間は約60分だと思われます。

 

正確には、Insta360 One Xよりも150mAh多いバッテリーを搭載しているみたいです。それでも大体の連続撮影時間は変わらないと思います。 

 

ちょっと短いような。

 

給電しながら使えますが、そんなことしてたらバッテリーもすぐ死にそうですし。また、カバンやポケットにしまう度に充電コードにつながなければいけないのも面倒です。

 

実際、Osmo Pocketでも交換式だったらと何度思ったことか。

 

 

これくらいですかね?

値段

値段は、日本では5万6570円となっております。

一眼を買うよりは断然安いが、それでも高い。。。

www.softbankselection.jp

 

 

まとめ

まとめると

 

欲しい。

 

以上です。