ガジェットと岩とカバンと海外と

物欲まみれの浪費の日記

【100% Type-S】街になじむロードバイク用サングラスをいろいろ試して買った

f:id:yoerjp:20190605211048j:plain



 

ん?

 

f:id:yoerjp:20190605211003j:plain

 

ん?

 

f:id:yoerjp:20190605211033j:plain

 

ん?

 

f:id:yoerjp:20190605211245j:plain

 

んー。

 

かっこいい。

 

ということで、100%のType-Sというサングラスを買いました。

かなり試着して悩みました。

 

私は安いサングラスしか付けたことがないので初めての高額サングラス。

 

以下メニュー

 

なぜサングラスが必要なのか

私は、普段サングラスをしないのですが、一日20kmくらい自転車に乗るようになってその必要性をひしひしと感じてきました。なぜかというと

①虫が目に入る

②植物の綿みたいなものが目に入る

③目が乾燥する

④白内障のリスクが高まると聞いた

という理由です。

 

とくに虫や綿が目に入ると、目が開けられなくなり安全に走行できなくなるほか、眼球がダメージを受けてしまうため大変危険です。特に自転車で走っているとこのケースがめちゃくちゃ多い。

 

それで、安いサングラスを装着していたのですが、安いものは

①UVカット率が低いと、サングラスの影響で開いた瞳孔にもろに紫外線が入ってきて危険

②もし落車した時にサングラスのレンズが割れて失明する可能性がある

ということを聞いて、怖くなって新しいサングラスを探し始めました。

 

ただし、カーボンフレームでコンポはもちろんデュラエース、SPD-SLペダルつけてレースにガンガン出場するというわけではなく、あくまでも普段使いから少し遠出するくらいの自転車乗りなので、スポーティーすぎるデザインは避けたいところではありました。

 

したがって、今回は普段使いでも違和感のない、街になじむようなデザインのものを中心に試着してきました。

 

試着したサングラス達

ここからは試着したサングラス達の感想です。

 

①Rapha Classic Glasses II

f:id:yoerjp:20190605220831p:plain

画像出典:Rapha HP(https://www.rapha.cc/gb/en/shop/classic-glasses-ii-black/product/SUN05SM)

Wiggleで60%オフのセールをしているこのサングラス。

www.wiggle.co.uk

 

公式HPでもセールしていました。

www.rapha.cc

 

天下のおしゃれウェアのメーカー、Raphaのサングラスなのでかっこいいです。

フレームもイタリアで作られていてレンズもいいやつみたいです。

ということで、ベルリンにあるRaphaのお店に行って試着してみました。

感想は

 

小さい。

 

これはこめかみが痛くなる予感しかしないので選択肢から除外。

小顔の人はぜひ購入してみてください・・・。

 

②Oakley Frogskins

f:id:yoerjp:20190605220452j:plain

画像出典:Oakley HP(https://www.oakley.com/ja-jp/product/W0OO9013?variant=700285554686)

スポーツ用のサングラスといえばOakley。そのOakleyが展開している普段使いとライド、どちらもいけるOakley Frogskins。デザインは普通のサングラスみたいですが、レンズにはしっかりとOakleyの技術が詰め込まれている名作です。

 

装着感も非常に良いし、見た目もかっこいい。

 

が、高い。

 

そして、結構横に隙間が空いていることに気が付きました。横に隙間が空いていると風の巻き込みや、それに伴ってゴミが入ってくるということを聞いたため、選択肢から外しました。

 

それに人と被りそうでヤダ。

 

③Oakley Holbrook

f:id:yoerjp:20190605220537j:plain

画像出典:Oakley HP(https://www.oakley.com/ja-jp/product/W0OO9013?variant=700285554686)

これもWiggleでセールになっていてお買い得なので試着してみたいなと思っていたサングラスです。

www.wiggle.co.uk

 

本来はスノーボード選手がデザイン?コラボしたモデル?なのでロードバイク用ではないかもしれませんが、幸いお店にあったので装着してみました。

 

おぉ、これはいいぞ。

 

装着感も非常に良いし、レンズもOakleyなら間違いない。人と被る可能性が高いけどそこは妥協。

確かにFrogskins同様、横に隙間がありますが、普段使いなので許容範囲かなと思っていた矢先、こいつが目に入りました。

 

そう、100%。

 

④100% Daze

f:id:yoerjp:20190605220406j:plain

画像出典:100% HP(https://www.ride100percent.com/collections/daze/products/daze-soft-tact-midnight-mauve-purple-lens)

このDazeというシリーズは普段使いでも違和感がないスクエアデザインですが、8カーブレンズとWrap-around Frameを使用しており、しっかりと目の周りを保護してくれたりとライドでも十分仕事をこなしてくれるサングラスです。

さらに、ノーズパッドと耳掛けにラバーが使用されておりフィット感が大変よく、頭を振って全く落ちません。

実際にかけてみると上にあげた3つよりもしっかりとしたホールド感、目を守ってくれる安心感があります。

 

初めは100%ってどんなネーミングセンスしてるんだろうか、と思っていましたが、次第にかっこよく思えてくる不思議。これにしようと思った矢先、あるものが目に入りました。その名は

 

Speedcraft。

 

⑤100% Speedcraft

f:id:yoerjp:20190605221055j:plain

画像出典:100% HP(https://www.ride100percent.com/collections/speedcraft/products/speedcraft-soft-tact-black-smoke-lens)

Dazeが非常に良かったので、隣にあったSpeedcraftも試してみました。今回の目的は普段使いにも違和感のないサングラスなので、このようないかにもスポーツ、というサングラスは試着しない予定だったのですがせっかくなので。

 

これを掛けて見た感想は、

 

これ欲しい。

 

ということです。

普通のサングラスでは到底カバーできない範囲までカバーされているし、視野も広い。フレームが視界に入ってこないのですごく快適。しかも軽量でサングラスをしているという感覚が全くない。

やはりスポーツ用のサングラスは違うんだなと思いました。

 

これ買います。

 

といおうとした矢先、ふと思いました。

 

これかけてBrompton乗ってたら変な奴だな、と。

 

冷静になってDazeをもう一回かけ手に取ろうとしたとき間違えて違うサングラスを手に取ってしまいました。

 

それがType-S。

 

⑥100% Type-S

f:id:yoerjp:20190605221607j:plain

画像出典:100% HP(https://www.ride100percent.com/collections/type-s/products/type-s-soft-tact-slate-grey-peakpolar-lens)

Dazeかと思って手に取ったそのサングラスは、Dazeではありませんでした。

正直、見た目が似ているので細かい違いなんて全く分からない。

よく見れば形は違いますが、ぱっと見は同じ。

 

そういった理由で、Dazeだと思いこんだままType-Sをかけてみたら

 

これさっきと同じサングラスか?

 

と違和感を感じました。そして、こっちのほうが視界が広いことに気が付いたのです。

さらに、横の隙間が狭く、風も入ってこなさそう。フィット感もDazeよりもよく、長時間つけてもいたくならなさそうでした。

 

さらに重要なのが、公式HPではDazeのほうが安いのに、そのお店ではType-Sのほうが6000円くらい安い値段になっていました。しかも全品20%オフ。

 

これがまさに運命の出会い。

 

そしてこれを持って、レジへ行きました。

 

100%

私はそれまで100%というメーカーを全く知りませんでした。

100%はロードスポーツ用のアイウェアを販売しているアメリカのメーカーで、なんと、あのスーパースターであるサガンも使っているらしいです。

ロードバイク用のサングラスといえばOakleyが有名ですが、100%もなかなかかっこいいです。人と被りにくいし。

 

シリーズ的にはスポーツ特化でレース向けのSpeedcraft、Glendale、S2、S3などのシリーズと、普段使いもできるようなデザインになっているType-SやDazeなどがあるみたいです。

今回試着したSpeedcraftもかなり良かったので、もしバリバリレースに出まくってやるぜ、というローディーになったらSpeedcraftを買いたいと思います。

それまではType-Sにお世話になります。

 

外見

若干のスポーティーさを残しながら、普段着にも合うデザインこそType-Sの魅力だと思います。

f:id:yoerjp:20190605222807j:plain

ロゴがかっこいい

f:id:yoerjp:20190605222817j:plain

抜群のフィット感を生み出すラバー

f:id:yoerjp:20190605222839j:plain

Type-S

f:id:yoerjp:20190605222846j:plain

かなりカーブしているWrap-around Frame

f:id:yoerjp:20190605222830j:plain

上から見てもロゴが

f:id:yoerjp:20190605222812j:plain

Made in Italy

私がイケメンなら付けた画像も載せたいんですけどね。残念ながらイケメンではないのでやめておきます。

 

ただ、客観的に見てみるとちょっとスポーティーな普通のサングラスです。

アディダスみたいな。

 

付けて、走ってみての感想

買ってその日にすぐつけて走ってみました。

気温は30度越えの猛暑日。当然日差しもかなり強かったです。

 

f:id:yoerjp:20190605222333j:plain

 

感想を羅列すると

・なんか視界広くなった・・・?

・ものがくっきり見える

・路面の状況がくっきり見える

・虫が全く目に入らない

・目が乾燥しない

と、いいことだらけです。

視界広くなったように感じるのは何故なんでしょうか。私はあまりサングラスをしないのでわからないのですが、ちょっと背が高くなったような視点に感じるのです。なぜでしょうか。レンズだから・・・?

 

何はともあれ、今まで危険にさらされていた目が守られました。

 

もうこれ無しでは自転車に乗りたくない。

 

 

100%満足

ちょっと高い買い物でしたが、100%のサングラスに100%満足しました。値段は80%でした。

壊れても同じものを買うと思います。

とにかく、街乗りだけの自転車乗りも、通勤通学だけの自転車乗りも目の保護は大事です。

 

ぜひ100%を。

 

ではでは